田尻 ゆきなり
AUTHOR

田尻 ゆきなり

夢描きを目指す底辺おじさんの日常ブログ。「底辺でも人生を楽しむ」ことが目標。失敗談や苦手克服のため頑張ったこと、思い出・人生観などを呟いています。

興味のあるもの:
絵を描くこと・絵画鑑賞・ポケモン・遊戯王・一人旅・Apple製品・ガジェット等々…

このブログは一人の底辺社畜が、この世に絶望しながらもやりたいことをやり、少しでも夢に近づけるように頑張る、体験記・奮闘記です。

>>私の作品集はこちらから

>>詳しいプロフィールはこちらから

  • 2024年6月4日
  • 2024年6月4日

2024年5月を振り返って

充実した月となった4月とは打って変わり、5月はパッとしない月でした。 何をしたでもなく、ちょっと停滞気味…。 何だか、あっという間に過ぎ去ってしまいました。 まぁ、そういう月もあるということで良しとし、6月頑張ることにします。 作業が滞ってしまった原 […]

  • 2024年5月5日
  • 2024年5月5日

2024年4月を振り返って

この記事を書いているのはゴールデンウィークなのですが、まだ4月の振り返りを書いていなかったので、4月を振り返りたいと思います。 まずは4月といったら桜。 近年は早咲き傾向にありますが、今年も昨年ほどではないものの、早咲きで4月中旬頃には満開を迎えまし […]

  • 2024年4月22日
  • 2024年4月21日

5月2日の命日を前に、中学生の頃に唯一憧れた「hide」について語ろうと思う

思春期の頃に私が憧れた唯一のミュージシャン 中学生の頃、一人のミュージシャンに憧れました。 普段、そんなに音楽を聴く方ではなかったのですが、唯一、虜になってしまったミュージシャンがいます。 それが「hide」です。 「hide」との出会い 私の「hi […]

  • 2024年4月21日
  • 2024年4月21日

学生の時の通学路が時々恋しい

子供時代の方がよかったこと ー今よりも「自然」を感じられたことー 先日、クレヨンしんちゃん「嵐を呼ぶ モーレツ!大人帝国の逆襲」の昔を思い出させる「匂い」について感想を書いたのですが、もうひとつ思うことがあったので追記で書きたいと思います。 社会人に […]

  • 2024年4月16日
  • 2024年4月19日

昔の「匂い」について ーなぜ懐かしい匂いを嗅ぐと昔を思い出すのかー 【大人帝国の逆襲】

みなさんはクレヨンしんちゃんの映画「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」を見たことはあるでしょうか? 昔からかなり評価の高い作品で、クレヨンしんちゃんの映画でも屈指の名作ですが、この映画を見て小さい時から疑問に思っていたことがありました。 それが「 […]

  • 2024年4月3日
  • 2024年4月3日

ガラケー時代の思い出

「スマホ」が世間を席巻してからしばらく経つ。 アップルマニアの私はiPhone一筋で歴も長いが、決してガラケーが嫌いなわけではない。 むしろ、ガラケーが好きだ。憧れがある。 それは、高校時代に携帯を持てなかった反動があるのかも知れない。 ガラケーには […]

  • 2024年3月31日
  • 2024年4月1日

2024年3月を振り返って

3月も本日で終わり。今年もすでに4分の1が過ぎ去ってしまいました。 この間2月の振り返りをしたばかりに思いましたが、早いもので3月ももうあと数分で終わってしまいます。 今年の3月は、2月が例年よりも暖かかった反動なのか、割と寒い日が続きました。 ここ […]

  • 2024年3月21日
  • 2024年3月22日

「好感度」を上げることのジレンマ【大谷さん】【水原一平さん】

2024年 3月21日 朝起きると衝撃のニュースが飛び込んできた。 東北地方の、いや、日本の英雄・「大谷翔平さん」の通訳であり、長年付き添っていた「水原一平さん」が不祥事により解雇された、というニュースだ。 まだ未確定なことも多いので、ここで詳細を書 […]

  • 2024年2月29日
  • 2024年2月29日

2024年2月を振り返って

いよいよ今年も2月が終わろうとしています。 東北の2月といえば、真冬真っ只中というイメージですが、今年は暖冬で雪らしい雪も1回くらいしか降りませんでした。 楽といえば楽なのですが、小さい頃から雪を見て育ってきた私にはちょっぴり寂しい気もします。 まぁ […]

  • 2024年2月27日
  • 2024年2月27日

作品集【アナログ写真編】

主に私の中学時代・高校生時代(今から約20年ほど前)にインスタントカメラで撮った写真集となります。 押入れの奥のフォトアルバムから引っ張ってきた写真もあるので、保存状態の良くない写真もありますが、どれも私のお気に入りの写真ばかりで、かつ、私の風景画の […]